理術士

理術士攻略


概論

  • 元気度を消費した高火力なフォースで戦う職業。フォースを選べば接頭のない殆どの敵を一撃で倒せる。
  • 特定の武器を引けるまではフォースでは敵に攻撃するのに2ターンかかる。その上、殴られるとすぐ倒れるので距離の測り方が鍵となる。
  • 集中を何回でも積めるので距離の調整は比較的容易。しかし倍速的には注意しなければならない。
  • とにかく集中ターンに敵から攻撃を受けないようにするのがポイント。
  • 魅力も上がるので隣接されても仲間を盾にするなりして、敵の攻撃を自分が受けるのは避けたい。
  • 移動停止があるおかげで魔王を安心して捌くことが出来る。
  • 尚、物理攻撃力が上がらないといっても意思の分観光客よりは強いのでイーグルなど強い武器を拾ったら問題なく戦えて元気度の節約になる。

スキル名 コスト/回数 効果 備考
集中 なし 集中している間、理力と攻撃力が+20%
一部のフォース使用にも必要
集中が必要なフォースを使えば、理術師以外でも使用可能
最大5回まで効果重複可能
火炎 元気5% 1回 理術士初期習得
前方1マスに中威力攻撃
武器消費1
フォース習得 Lv消費 フォース毎に定められたLvを消費し、
新たなフォースを習得する
理術士は4種類
理騎士は1種類覚えるとスキルを失う
移動停止・雷光・超火炎・生命探知を取る人が多い

立ち回り/レベリング

序盤

  • 最序盤は木の杖がなくても殆どの敵を一撃で倒すことが出来る。基本的に外して敵を倒そう。
    • ダンジョンのモンスター、クマなど一部の敵、接頭付きのみ木の杖を装備して倒す。
  • 祈りの杖や耳長の杖は見かけたら絶対に確保すること。
  • 杖に付けたい接頭付与は怒り、超撃、鋭いなど。攻撃倍率は理力にも乗る。
    • 特に怒りは必中である理力においてデメリットが存在しない。出現率も高いので狙っていきたい

  • レベルが上がったらフォース習得を徐々に行っていこう。
  • 移動停止、雷光、超火炎を序盤では取得したい。
  • 敵のテーブルが変わる中盤までは生命探知は不要。アーリアを引いたらアーリアに教えてもらおう。
  • 習得の順番は移動停止→雷光→超火炎
    • 倒せない敵や魔王は移動停止を使って闇に飲み込ませてしまうと良い。

  • 食料は最優先確保。持ちすぎかな?と思うくらいでよい。弁当屋からは全部買おう。
  • 腐っても理力のダメージは落ちない。腐った食料も持っていて良い。

  • 仲間はイーリスを待たなくても良い。
  • それよりも背面を向けば敵の攻撃を耐えてくれて集中がやりやすくなるためミラでも何でも仲間にしよう。

  • 序盤で乳牛を拾えるとラッキー。
    • 盾にもなるし元気度の負担が減る上に、不要になったら焼いて肉にできる。回復も癒しの草一つで完全回復とお手軽。
    • 突進による吹き飛ばしで集中分のターンを確保できるのも強み。

中盤

  • ここから杖無しだと火力不足になるので育てた杖を装備する。
  • 「この敵なら集中を何回積めばこのフォースで落とせるな」という感覚を覚えていこう。

  • 敵のテーブルが変わる400kmまでに生命探知を覚えてなかったら覚えること。
    • 倍速敵ゾーンや夜などは常時生命探知を張っていて良い。
    • 生命探知をすれば人の方向が分かるので食料も確保しやすくなる

  • 強い敵の接頭付きは超火炎や、間合いによっては移動停止→超火炎なども使っていこう。
  • 食料さえあればレベル上げのためにどんどん接頭を狙って狩ってよい。

  • 三角が星がない敵のほうがある意味注意するべき。耐火や耐雷の敵が何気ない顔をして歩いている。
    • 叩かれたら自分が一発で落ちてしまうような敵は面倒くさがらずに通信コメント欄を開いて相手が耐火でないことを確認しよう。
      • Qキーで一発で開くことが出来る。ゲームパッドを使っている?Joytokeyで割り振ろう。
    • 耐火なら雷光で、耐雷なら超火炎で仕留めるのもあり。

  • プレイスタイルにもよるが1000kmまでに封印の扉をこじ開ける用意をしておくこと。竜炎のアンブルあたりを2つひろっておくのが楽。
    • こじ開けて入った後は母なる海の杖が出ることを祈ろう。

終盤

  • 理術士絶対倒すマンのラーヴァゴーレムが出現し始める。
    • 移動停止を駆使して逃げるべし。
  • 生命探知を常に使って逃げる方向も気をつけよう。

  • 次元に突入すると極端に食料の出現率が落ちるのでBBQセットは一つは抱えて持っておこう。
    • 動物の肉一つあたり元気度回復量が20%から80%になる差はとても大きい。

  • 他の立ち回りは中盤と特に変わらない。

魔王を仲間にするパターン(Clara式)

上と大きく異なるので折り畳み


スキル

フォース

  • 集中(★★★☆☆)
    • 重ね掛けすれば多少固い相手も倒せるので祈りの杖などを引いた後でも利用する。
  • 火炎(★★★★☆)
    • メイン火力。祈りの杖や耳長の杖を引くまで発動に二ターンかかるのが難点。

  • 移動停止(★★★★★)
    • 魔王を撒く、ラーヴァゴーレムから逃げるなどで使用頻度はかなり高い。
  • 雷光(★★★★☆)
    • 薙ぎ払い、耐火対策など。基本用途は火炎と同じ。
  • 生命探知(★★★★★)
    • 重要だがアーリアから入手できるので自力取得するかどうか微妙。400km越えてもアーリアに会えないなら。
  • 超火炎(★★★★☆)
    • 死霊の騎士、ゴーレムなどを一撃で倒せる。壁破壊にも使えるのでフリーダ救出などにも使える。
    • 集中二回が難点か。祈りの杖や耳長の杖を引いていないなら事実上の壁破壊専門家になってしまう。
    • アウリスの水晶球を入手したとしても理力マイナスと耐久値で微妙なところ。
    • 母なる海の杖を入手すれば間違いなく無双可能。
  • 透視(☆☆☆☆☆)
    • 使いどころが思いつかない。取る必要は皆無。
  • 守護(★★☆☆☆)
    • 嫌な予感の発動前、中ボス前などにピンポントで使っておくと集中の時に攻撃を受けても耐えやすくなる。
    • だがそれ以外は用途がないので取らなくてもいい。
  • 治癒(★★★☆☆)
    • 取っておくと食料さえあれば癒しのアンブルなどの回復アイテムを保持する必要がなくなる。
    • 雨癒よりも元気度消費が少なく、敵を回復させることがない。味方NPC?命は使い捨てるもの。
  • 召喚(☆☆☆☆☆)
    • ゴメンチョットナニイッテルカワカンナイ

技の伝道師

お勧めは隠れる・緊急荷重or牙折

  • 隠れる(★★★★☆)
    • 敵だ!に弱い理術士は隠れるがあると集中の余裕ができる。是非とも取るべき。
  • 緊急荷重(★★★★☆)
    • ナユタがたくさん売ってる場合などに使っても良い。
    • 理術は重量余裕がないのであると便利。
  • 牙折(★★★☆☆)
    • 仲間に耐えてもらう前に一発いれておくと良い場面があるかもしれない。
  • 力ため(★☆☆☆☆)
    • 理術で戦うのでいらない気がする
    • 集中装備や覚醒ある状態で力溜め理術をやっても理術の威力は上がらない。
    • 重量が減るので他のものを取ったほうがまし。
  • 癒しのアンプル作成(☆☆☆☆☆)
    • 元気度回復しないアンプル1個より癒しの草2個の方が圧倒的に大事。
    • 治療や雨癒とったらアンブルもいらなくなるし。

上級伝道師

お勧めは謎の油

  • 謎の油(★★★★★)
    • 移動停止・謎の油・超火炎コンボは特に強力。火炎でも十分な効果がある。
  • 回避体制(★★★★☆)
    • 隣接してしまった時の集中確保に有用。
  • 捨て身(★☆☆☆☆)
    • 素で十分な理力を持つ理術士には不要。デメリットのほうがでかい
  • 癒しの大ボトル作成(★☆☆☆☆)
    • ああ、うん。そうだね。
  • 理力の盾(★★☆☆☆)
    • 理力攻撃をしてくる相手が限られてくる上、そんな相手は移動停止で逃げるので不要。

アウリス

お勧めは墜落・閃光

  • 墜落(★★★★☆)
    • 中ボスのコウモリに囲まれても対処できる
  • 閃光(★★★☆☆)
    • ピンチ時のお願いゲーのためにどうぞ
  • 雷光(★☆☆☆☆)
    • レベル消費で取ったほうが圧倒的に楽
  • 超火炎(★☆☆☆☆)
    • 同じく

アーリア

お勧めは序盤は生命探知。生命探知の自力習得後なら守護。

  • 生命探知(★★★★★)
    • アーリアから習得すれば自力習得で一つ余裕ができる。
    • 必須フォースなのは間違いないので中盤以降持ってなかったら自力習得で生命探知をとること。
  • 守護(★★★★☆)
    • 嫌な予感の発動前、中ボス前などにピンポントで使っておくと集中の時に攻撃を受けても耐えやすくなる。
  • 透視(☆☆☆☆☆)
    • 使いどころが思いつかない。取る必要は皆無。
  • 雨癒(★★★☆☆)
    • 治療取ればいいじゃん?味方NPCがいるならまあ、そうね。
  • 緑の道(★☆☆☆☆)
    • ああ、うん。そうだね。

街の住人

理術士で手配度ガン無視プレイはやってはならない。しかし、魅力が上がりやすいので適度に利用すると便利。

商人

  • 状況による。基本的に金が余って来るので安いものは買ってしまう。
    • どちらかというと食料の確保を優先。弁当を奪うか缶詰を奪うか
  • 関所のリスクもあり、ある程度安定し出したら直接的な狩りはできるだけ控える。
    • ただし、魅力が良く上がる。それで無効化できる範囲に抑えれば問題ない。
  • 保護動物をお金に換えて買うのも有効な手段。非常に有用。

耳長の里

  • 地形が上がらない職共通の、出入りだけであの世逝き。
    • 魔法の橋等あれば大丈夫だが、予備がないならよく考えよう。
  • 基本的は耳長の杖を狙う。

罪人の町

  • 強力な装備が置いてあることがある。洗脳の薬なんかも確保できる。
  • プレイスタイルにもよるが、緑の森を倒す頻度が高い人は結構入れる。

酒場

ほろ酔いでも構わないので元気度を補充する。
  • 詩人エレシアの歌
    • 普通に歌ってもらえばよい。
  • 剣士バルーシュ
    • 剣などいらない。
  • 騎士グランデ
    • 盾もやはりいらない。

錬金おばば

  • 重量負担も無く良いアイテムがもらえるので金が有ったら是非利用しよう。
  • 木の実は元気度。重量0が最高の利点。
  • 丸薬も治療などに使う元気度を減らせるので十分に有用。
  • エアブレードは元気度切れの保険程度か。いらないなら売ってもいいが、重量を圧迫しないのでどうでもいい。
  • エアシールドは腕輪がなければといった程度。いらないなら売ってもいいが、重量を圧迫しないのでどうでもいい。

緑の団員/保護動物

  • 狩る相手は雪うさぎ、山岳ゴートが優先。ペガサスで能力上げもなかなか有用。
  • 基本的にいくら狩ってもいいと思う。
    • 移動停止で緑の団員は撒くことができる。しかも火炎で殺せる。
      • 魅力が高くなるので手配度も大して気にならない。
    • 6まででおさめれば贖罪15000シルバ1回で罪1に戻る。
  • 9以上になると難易度が若干上昇する。
    • どうせ移動停止を駆使して撒く。ただ、二倍速行動なので気が付くのが遅いとやられる。
      • 生命探知を常に張っておかないと死にます。


仲間

集中の隙を背面受けをすれば仲間が耐えてくれるので、それだけでどの仲間も有用。
見つけたらイーリスを気にせず仲間にする。
強いて言うならスライムを自力処理できる・仲間本人の耐久も低いという観点からアルバートは微妙。
魔王ならば高い体力と防御力が強みだが仲間にするのが難しい。

装備/アイテム

武器

基本は杖だが、どうしても元気度問題がきつい(食料不足)こともあるかもしれない。参考までに。

    • 理術士のメイン武器。特に祈り・母海・耳長杖は強化して長く使いたい。
      • どうしてもそれらが拾えなければ、木の杖強化でも可。慎重に立ち回ろう。
    • 近接武器ゆえ、打たれ弱い理術士にとってリスク有り。タフな敵を相手にしないなら、イーグル並の火力なら元気度節約に使える。
    • 剣と同様隣接がほとんど。元気度を消費しない壁破壊用にでも。
      • ただし、つるはしなら移動停止と組み合わせて接頭なしゴーレムは狩れる。時間がかかるという点では注意。
    • 理術士のサブ武器として持っていてもいい。オオカミ程度までならそれなりに狩れる。
    • 理力の矢を拾えれば、一時的に敵を狩れる範囲が増える。(特に元気度消費なしでスライムを。)
    • 元気度節約で使うことが多いため、食料が貯まり次第捨ててもよい。
    • 本当に何のために存在しているんだ。
    • 普通に火炎打てばいい上に、遠くなら雷光でいい。
    • 元気度消費を抑えるためには有用。あとは爆弾持ちのカラスか。
    • 一応1000㎞の封印の扉突破に使えないことは無い。重いため他の手段がなければ。
    • タフな敵でなければ元気度節約に使える。火力アップ付与が元からついていれば火炎撃たずに終わることも。
    • ヴァルキウスは聖武器故物体特攻付き。便利。
  • 妖精
    • 手に入れることが少ない。移動停止との相性は最高なのだが。

  • 最終的に
    • 壁破壊用の斧1本(つるはしならなおよい)、杖を1~数本持っておくのに落ち着く

防具

  • あまり重要ではないが、何もなかったら被弾が増えて死ぬ。
  • 少しでも上の防具を求めるべき。チェインかギガントプレートがおすすめ。
    • 終盤になるとガラスで事足りる。

  • 最終的に
    • ガラスの鎧をつけっぱなしになる。

追加装備

  • 木/鉄/イーリスの矢
    • 売ってよい。雷光で届く範囲にしか投げられないし。
    • 持っていても重量圧迫はしないので最終的にたまっていく。
  • 理力の矢
    • 理力が高く、序盤の補助としては有用。
      • 終盤にもスライム対策(元気度消費の削減)に使えなくはない。
  • 緑の森/五連の矢
    • 闇を倒すときに聖弓と合わせて使うくらい。
  • 爆弾矢
    • 敵の一掃に使えなくはない。あまり使わない。
  • 炎の矢
    • 神殿をこじ開けるためにある。理術師の必須アイテム。
    • 序盤から中盤にかけて装備。
      • 終盤になると移動停止で逃げるか火炎で倒すかの二択になるのでいらなくなる。
  • 試練の腕輪
    • 経験値がありがたいので適度につけて適度に外す。
  • 必殺の腕輪
    • 必中である理力にはあまり意味がない。
  • 破壊の腕輪
    • 直接殴らないので意味なし。
  • 理力の腕輪
    • 人早Mにおいて最終的にこれに落ち着くことが多い。
    • 理術士の火力が上がるので序盤でも有用。
  • 加速の腕輪
    • マニアモードでは役に立たない。
  • 獣の革のバッグ
    • 重量地帯対策
  • 竜革の大きなバッグ
    • 重量地帯対策
  • 冒険者のブーツ
    • なくていい。
  • ラバーブーツ
    • 雷光で攻撃してくる敵が少なすぎる。
  • 重量ブーツ
    • 中ボスも超火炎で倒せるからやはりいらない。
    • キャンペーン世界では別だが、これは別の物語、いつかまた、別のときにはなすことにしよう。
  • 太陽のランタン
    • 生命探知で事足りる。
  • 不育の腕輪
    • ナニソレ、ボクシラナイナア

亡霊からの入手のみ


  • 最終的に
    • 理力の腕輪が安定。(魔王の髪飾があるならもちろんそっち)
      • 重力地帯が来たら適度にカバンを装着。

強敵5攻略

前書き

一見無理ゲーに思える「強敵だらけ」の複数積みだが、理術士の火力ならば十分に対応可能。
特徴なし程度じゃ物足りないあなたにおすすめ!レベルがアホみたいに上がる無双を堪能してみよう!

「強敵だらけ」は何個付ける?

  • 1-2個
    • 特徴なしとほぼ同じ感覚でプレイできる。レベル上昇が捗り、主人公の完成が早まるメリット大。
  • 3-4個
    • 筆者は試していません。どうせなら5個付けたらいいんじゃない?
  • 5個
    • 究極の序盤ゲー。多少の厳選とリトライ、そして慣れが必要だが、ノーセーブでもクリアできる。

以下、最も極端な強敵5の攻略のヒントを紹介。

基本的な方針

とにかく初動が全て。フォースを一通り習得(≒開幕地形を突破)さえできれば、割とどうにかなる。
集中を重ねて攻撃する必要があるため、敵との距離把握がとても重要。
最速で【生命探知】を習得するべし。続いて、条件を満たし次第【移動停止】を取る。
残りの2枠で早めに【雷光】と【超火炎】を覚える。

杖がメインウェポン。火力上昇の付与(怒り、超撃、鋭い、上質)は即座に杖へ。
頑丈は後々に備えてキープ。その他の付与はどうでもよいので、捨てるなり売るなりご自由に。
杖以外でも火力補正が付いた武器は、品種を問わず理力が上昇するので有用。状況に応じて持ち替えてメインの杖を温存する。
イメージとしては、接頭[怒りの]剣・槍・斧・弓≒無付与の木の杖
つるはしもできれば一本ほしい。

防具に関しても、考え方は武器と同じ。被ダメージ減少関連はすぐ使う。

追加装備は理力の腕輪がおそらくベスト。なければ適当な盾を装備する。

仲間はイーリス一人で十分。ツモ次第では仲間なしの一人旅でも問題ない。

開幕直後

さすがに地形は厳選しないときつい。最良は山岳、次点で遺跡群

0-30km(最初の地形前半)
無付与の初期装備(木の杖)でも相手さえ間違えなければ倒せる。
【生命探知】と【移動停止】、できれば【雷光】も習得する。

  • 山岳
ナユタの実を集める。

    • コウモリ
      • 初期ステータスでも集中2回で倒せる。安全にいくなら3回。
      • 【生命探知】を覚えるまでは、画面中央の位置をなるべくキープして、画面右の視界外からの不意打ちを避ける。
      • 5-6歩移動→1回集中のパターンを繰り返して、常に戦闘に備える。
      • 正面からの被弾なら1発は耐えられるので、慌てず集中を積むとよい。
    • サソリバチ
      • 普通に倒せる。癒し。
    • カラス
      • まだ火力不足、スルー安定。エルザイト爆弾への引火が怖い。
    • 山岳ゴート
      • 動物狩りの罪8までは躊躇なく狩る。
      • 緑の森敵対のデメリットよりも、フォース習得の促進と肉複数ドロップのメリットのほうがはるかに大きい。

  • 遺跡群
いい装備を拾えたらラッキー。

    • 小鬼
      • コウモリと同じく、集中を重ねれば初期ステータスでも狩れる。
      • 目安は集中4回。投石対処のための軸ずらしは、まあがんばれ。
    • ゾンビ
      • スルー。火属性弱点とはいえ、LIFEが高く火力が足りない。
    • 遺跡白馬
      • 肉がおいしい。罪8まで狩る。

30-70km(最初の地形後半)
ステータスの上昇具合にもよるが、必要な集中回数が減る。
元気度と相談しながら、敵を狩ってレベルを上げる。
【超火炎】を覚えて、フォースを一通りそろえる。

  • 山岳
    • コウモリ
      • 集中1回でたぶん足りる。安全にいくなら2回。
    • サソリバチ
      • 集中1回。動く経験値。
    • カラス
      • 集中3-4回。誘爆に注意。

  • 遺跡群
    • 小鬼
      • 集中3回。位置調整失敗したら【雷光】で。
    • ゾンビ
      • 集中4-5回。余裕があれば狩る。

2番目の地形以降

しっかりとレベルを上げていけば、引き続き無付与の木の杖でも大丈夫。

70-400km
目標レベル=進行距離x0.8
無接頭の雑魚を狩っていく。この辺りまでは丁寧に集中を重ねたほうが安定する。
野犬がプラス値の関係で案外タフなので気をつける。ガイコツは地形ひっかけつるはし以外はスルー。
態勢が整ったと思えたら、罪9以上になる場合でも保護動物を狩ってよい。
どうせ団員たちは画面外で敵に倒されるし、近寄ってきても楽に撃破できる。
仲間は無視。

400-700km
目標レベル=進行距離x0.9
順調にいけばレベルが進行距離に並ぶ。食料をかき集める。
オオカミ、ライオンなどの肉を落とす敵を狙う。保護動物は全狩り。
仲間は無視。

700km-1000km
目標レベル=進行距離x1.0
元気度管理に注意する。神殿の壁は超火炎のゴリ押しで破壊できるので、侵入道具を意識する必要はない。
ゼリー狙いでスライムを狩っていく。ドラゴンは闇消し安定。
イーリス加入。

1000km-3000km
目標レベル=進行距離x1.1
頃合いを見計らって次元回廊へ。敵のランク上昇に伴い、経験値が増加、モリモリレベルが上がる。
中ボス軍団すら、もはやただのカモと化す。謎の爽快感を味わおう。

まとめ

強敵5でも通用する理術士の火力はすごい。

ステータス

  初期 成長率   初期 成長率
LIFE 100 10 ■    ST 12 10 ■   
筋力 0 5 ■     知力 3 20 ■■■ 
敏捷 0 5 ■     意志 3 25 ■■■■■
生命 0 5 ■     魅力 1 10 ■   
開錠 0 0       水泳 0 0      
登山 0 0        
重量 0% 10 ■    旅行記 0 0.00      
初期装備 木の杖、旅人の服
所持アイテム (なし)
クラス特性 識別成功率+45%
理力補正 * 1.5
元気度消耗速度 * 0.5
スキル修得 Lv.1 集中、火炎、フォース習得 * 4
片道勇者非公式WIKIステータスを参考に四捨五入を行っています

  • 最終更新:2017-04-30 14:39:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード