地帯/地形情報

地形情報


地帯情報

妖精「やっほー初めまして!私は妖精イーリス、よろしくね!何か質問ある?」
勇者「今いる浸食地帯の特徴は?」
妖精「んーっとね。ヤバイ。とにかくヤバイ」
勇者(・・・)

解説としてはまるで使えない空気ちゃんに代わって草原、山岳、火山etc.の地帯の解説を行うコンテンツです。
クラス別解説にその職業にとってどの地帯が楽かどうか書いてある場合がありますが、ここでは全部に共通するお話を記述します。

敵情報は固有敵を記載。地帯全部を通して出現するスライム、女神像との二択で出現するゴーレム、
ダンジョンから漏れて出てくる魔女・ナイトメア、アイテム森のシャドウなどは省略している。

草原

街が比較的多く敵も序盤だとかなり穏やか。最初のマップに来るとどの職業でも嬉しい地形。
山や水などが比較的少なく地形による詰みはまず無い。ただし、これは同時に地形を利用する職にはデメリットとも言える。

草原が牙をむくのは500km以降の中盤から。倍速的の中では圧倒的高火力・高耐久の人早マニアの百獣の王トラが出現する。
中盤以降で出現するほかの敵も耐久が低いものの高火力の敵が多いため、一発で倒せない場合は慎重な立ち回りが求められる。
施設に街が多いことから周辺の地図は草原で使うと街に行きやすく若干お得。

  • 地帯特殊効果
    • なし
  • 施設出現傾向
    • 増加:街
  • アイテム出現傾向
    • 微増:食料・草
  • 出現する敵
    • 初期出現:コウモリ・カラス・野犬・オオカミ・サソリバチ
    • 中盤追加:トラ・殺し屋ウルフ・オオカミ男・キラーハウンド
    • 終盤追加:トビバチ
    • 保護動物:草原カワウソ

雪原

歩くだけで元気度をガリガリ削ってくる雪原。敵も出現率が高い野犬こそ弱いものの、他の敵は他の地帯に比べて序盤では明らかにHPが高くて強め。
特に雪原クマは序盤から出現する敵なのにHPが異常に高く攻撃力も高い。経験値も別に多いわけでなく育つまで攻撃するだけHPと武器耐久の無駄。
前衛職や理術士など職業によっては元気度が減ると致命的なので、下手な寄り道をせずに雪原は駆け抜けてしまうといいだろう。
ただし、雪原固有の小屋では暖炉は話しかけると元気度が20%回復するため街っぽい施設は入っていきたい。

よく落ちているスノークリスタ草はHP・元気度回復アイテム/売却用として優秀である。アイテム増加イベントを引いたら散策しよう。
他にもマップに配置されている大結晶を破壊して手に入る氷の結晶/氷霧の追加装甲はとても便利。
特に氷の結晶はアイテムの腐敗を防ぐ大事なアイテム。ぜひ狙っていこう。
ちなみに保護動物の雪原うさぎは動物の罪1でレベルが5も上がる。

  • 地帯特殊効果
    • 元気度現象大
  • 施設出現傾向
    • 雪国の小屋あり
  • アイテム出現傾向
    • 増:スノークリスタ草
  • 出現する敵
    • 初期出現:野犬・オオカミ・雪原グマ
    • 中盤追加:キラーハウンド・クリスタルゴーレム
    • 終盤追加:白鳥人
    • 保護動物:雪原うさぎ

砂漠

砂漠は~:00に移動速度が半減するため、飛行敵の鳥人と魔王は一時間に一度倍速で動いてくる。
闇消しをする場合はこの速度半減効果に気をつけること(言い換えると闇の速度が1ターンだけ2倍になる)

鳥人はHPが低いものの序盤から高い攻撃力を持っているため、職業によっては初期装備では最初は倒せない。
スタミナの回復も遅く、通常攻撃で落とせるようになる迄は戦うには多少辛い地形といえる。
逆に育てば余り恐ろしい敵はおらず、とにかく敵の倍速と闇消しの事故だけ注意すれば恐れることは無い。

  • 地帯特殊効果
    • 1時間に一度速度半減/ST回復減少
    • 闇が少し遅い
  • 施設出現傾向
    • 微増:砂の遺跡
  • アイテム出現傾向
    • 増加:サボテンの肉、枯れた草
    • 微増:宝石類
  • 出現する敵
    • 初期出現:鳥人・砂漠オオカミ
    • 中盤追加:盗賊・キラーハウンド
    • 終盤追加:白鳥人・リリス
    • 保護動物:砂漠キツネ

火山

序盤から終盤にかけて常に強力な敵が出現する。攻撃力が高い敵であるのを基調として、中盤からは火を交えた攻撃も多く防御力を無視してくる。
すべてが等速敵な分職業によっては対処しやすいが、戦うしかない前衛職は今までのレベルの積み上げが重要になってくる。
後衛は対処自体は非常に楽な部類の地形であるが、ワンミス即死な心積もりで立ち回らなければならない。

アイテムは宝石類が多いため、一気にお金が稼げる可能性がある。また、とぶクスリ率が若干高いのでアンプルは拾おう。
従ってアイテムドロップ率増加がついている初期地形としてはそんなに悪い地形ではない。
また、罠のように火系のアイテムが落ちているが、火の攻撃を食らって爆発コンボを受けないよう注意しよう。

  • 地帯特殊効果
    • なし
  • 施設出現傾向
    • 微増:ダンジョン、罪人の街、ゴーレム/女神像
    • 微減:街
  • アイテム出現傾向
    • 増加:宝石類、枯れた草
    • 微増:とぶクスリ、エルザイト、火系アンプル
  • 出現する敵
    • 初期出現:鳥人・小鬼・クマ
    • 中盤追加:ドラゴン・盗賊・炎小鬼・ラーヴァゴーレム
    • 終盤追加:ブラックドラゴン
    • 保護動物:なし

荒野

コウモリを倒せる職業ならば片道勇者プラスで最も安全な地形と言える。
序盤で荒野を引いたらしっかりとレベル上げをしていきたい。枯れた草も多く手に入るので元気度不足で倒せないと言う状況にも陥りにくい。
硬い竜人の戦士こそ出現するが、火力が十分なら勿論倒せる上、攻撃力は高くなく火力不足でも闇消しすれば問題ない。

イーリスは枯れた草だけ説明してくるが、矢が沢山拾えるのが最大の特徴と言える。
プラスでは異国に入ると矢の入手手段が床落ちに限られるため、弓をメインとする場合、荒野で袋オブジェクトを見つけたら拾いたい。

  • 地帯特殊効果
    • なし
  • 施設出現傾向
    • 微減:施設全般
  • アイテム出現傾向
    • 増加:矢類、枯れた草
    • 減少:食料
  • 出現する敵
    • 初期出現:コウモリ・カラス・野犬・オオカミ
    • 中盤追加:ライオン・竜人の戦士・盗賊・オオカミ男
    • 終盤追加:トビバチ
    • 保護動物:砂漠キツネ

山岳地帯

片道勇者人早マニアの花形高難易度地形。前衛職は地形に苦労し、後衛職は倍速敵になぶられる。
山に囲まれて魔法の橋・浮遊の薬・最悪覚醒を吐かされる羽目になるのでミニマップをよく見て進むことがポイント。
序盤は後衛職は装備がないと辛いが、前衛職にとってはレベル上げに非常に良い地形。

最大の問題は中盤から。後衛職狩りの悪魔トラが出現する上、他にもクマ・ドラゴンと高耐久高ダメージで前衛職潰しも忘れていない。
敵が強くて散策にはリスクが伴うが食料不足の時は積極的にアイテムを拾おう。ナユタが高確率で落ちている。
この地形を如何に攻略するかが片道勇者プラス攻略の鍵になるだろう。

  • 地帯特殊効果
    • なし
  • 施設出現傾向
    • なし
  • アイテム出現傾向
    • 増加:ナユタの実、草
  • 出現する敵
    • 初期出現:コウモリ・カラス・野犬・サソリバチ
    • 中盤追加:トラ・クマ・ドラゴン
    • 終盤追加:トビバチ
    • 保護動物:山岳ゴート

遺跡群

遺跡群は一癖ある敵が多く火や斧といった敵の弱点の準備をしていないと厄介なことが多い。
とはいえ十分な装備や筋力さえ上がっていれば弱点を突かなくても倒すことは可能なので前衛のごり押しで困ることは少ない。
しかし、ダンジョンが多い上にミニマップで位置が分かりにくいのでダンジョン内の強力な敵が外に漏れたりする可能性がある。
強い敵は闇に消そう。生命探知や周辺の地図の使用が有効である地帯のひとつ。

ドロップは装備が多く、武器の引きひとつで大逆転が可能なこのゲームを考えると、
装備が弱いけれどもゾンビや骸骨対策があるよという場合ならば積極的に散策したい。
小鬼の石が骸骨対策になるのも頭に入れておこう。

  • 地帯特殊効果
    • なし
  • 施設出現傾向
    • 増加:ダンジョン
  • アイテム出現傾向
    • 増加:装備
    • 微増:とぶクスリ
  • 出現する敵
    • 初期出現:コウモリ・ゾンビ・小鬼・カラス
    • 中盤追加:骸骨・死霊の騎士・腐臭人・炎小鬼・呪鬼
    • 終盤追加:屍術士・召喚術士・混沌術士・牛頭の巨人・牛頭の重装戦士・リリス
    • 保護動物:遺跡白馬

浸食地帯

等速の敵の中では火力が高くて最も危険な敵が詰め合わせている。そして街での補給も望み薄。
これまでの他の地帯場合、危険な敵は出現率が距離が進むまでは低め調整されているが、
一方で、この地帯は全ての敵が強敵なため、火力不足な場合はスキルやアイテムを用いつつ逃げ回るしかない。
こちらの火力が高くても調子に乗ってミスなどで倒しそびれると強烈なお灸がすえられる。

また、地味に山地形が非常に多く配置されており、ミニマップを見ていても抜ける場所がわからないことが多々ある。
山だけについていえば山岳地帯よりも山詰みする可能性があるので、敵だけでなくミニマップにも気を配って動こう。

  • 地帯特殊効果
    • なし
  • 施設出現傾向
    • 増加:ダンジョン、滅びた街
    • 減少:街
  • アイテム出現傾向
    • 微増:装備
  • 出現する敵
    • 初期出現:地帯自体が400km程度まで出ない
    • 中盤追加:ドラゴン・死霊の騎士・キラーハウンド・サソリバチ・牛頭の巨人・竜人の戦士・殺し屋ウルフ、炎小鬼、屍術士
    • 終盤追加:牛頭の重装戦士、ブラックドラゴン、呪鬼、召喚術士、混沌術士、トビバチ
    • 保護動物:なし

海岸

移動範囲が大幅に水によって狭められて逃げず辛くなっている砂漠。水泳が育っているかどうかで難易度が変わる。
敵の強さ的には危険度は高くは無いが、遠距離敵や飛行敵が配置されているため、水を移動できない職だと囲まれやすい。
また、砂漠の上である以上一時間に一回の速度半減が厄介な地形となっている。

なにより、水は山よりも移動ターンが少ないからかミニマップを見ていても繋がっているか分からず、実際地形が繋がっていないことがある。
結果、水を通らされることになり5ターンの間に飛行敵・牙魚・呪鬼に一気に沈められるリスクを持っている地形。
水泳が伸びない職業は対策として魔法の橋や浮遊の薬は所持しておきたい。
闇が早い×5(闇5)特徴の場合は地形の伸びない前衛職での最高難易度地形のひとつ。

  • 地帯特殊効果
    • 1時間に一度速度半減/ST回復減少
    • 闇が少し遅い
  • 施設出現傾向
    • 増加:水上の街・オアシス・人魚の街
    • 微増:砂の遺跡
  • アイテム出現傾向
    • 微増:おいしい海草、魔法の橋
  • 出現する敵
    • 初期出現:地帯自体が400km程度まで出ない
    • 中盤追加:牙魚・コウモリ・カラス・砂漠オオカミ・盗賊・キラーハウンド・呪鬼
    • 終盤追加:リリス
    • 保護動物:なし

大洞窟

移動範囲が大幅に壁によって狭められて逃げず辛くなっている地形。斧・つるはしを持っているかどうかで難易度が変わる。
遺跡と敵のテーブルは似ているが遺跡以上に敵に骸骨・ゾンビ・遠距離攻撃が多数出現するため対策のありなしは大きい。
そして通常マップでは唯一姿が見えずいきなり殴ってくるシャドウが出現する地帯。
シャドウは生命探知や悟りの書があると見えるようになるため、これら探知がある場合は必ず使っていきたい。

この地帯固有のワナ骨人は踏んだら発動するトラップ持ちであり、投石も行ってきて相当に厄介。
トラップは踏むと周りに敵が出現していきなり殴ってきたり、ワープしたり一発で窮地に陥る可能性がある。
誰かが罠を設置した!の表示がありワナ骨人を倒した場合、斧などで壁を壊しつつワナ骨人がやってきた方向は避けて通りたい。
また、通らなければならない場合は防御の使用、召還の巻物などで背面ダメージのケアを忘れないようにしよう。

尚、つるはしを持っている場合、闇5は別として普通の特徴なしで大洞窟を避けたいなら壁の中を進んでるだけ抜けられる。

  • 地帯特殊効果
    • なし
  • 施設出現傾向
    • 増加:大洞窟の休憩所・大洞窟のモンスター部屋
  • アイテム出現傾向
    • 微増:つるはし、ギンギンキノコ
  • 出現する敵
    • 初期出現:地帯自体が400km程度まで出ない
    • 中盤追加:シャドウ・ワナ骨人・ゾンビ・小鬼・骸骨・死霊の騎士・腐臭人・炎小鬼・呪鬼・屍術士
    • 終盤追加:召喚術士・混沌術士
    • 保護動物:なし

要塞地帯

壁によって区画が区切られていた大部屋が連なる地帯。要塞の外は山・森となっており、壁を壊さなければ移動がままならない。
この要塞のためにどの職業も斧や壁壊など対物体装備は中盤以降は一つは欲しい。
敵は浸食同様に強力。しかし、壁があるため浸食と違って敵を撒き易い・地形利用で一方的に攻撃できるメリットもある。
側面ダメージも取り易いので倒しやすさ・逃げやすさは圧倒的に要塞地帯の方が上。
ただし終盤に追加されるゴールデンゴーレムは非常に強力。
殴られると大ダメージを受けるので一発で倒せる自身が無い限りは触らないほうが良いだろう。

稀に、監禁されていた人が出現する。話しかけると要塞の脱出を手助けしてくれとお金を少し貰えた後に攻撃しないNPCとなる。
要塞を抜けてから話しかけると5000シルバを貰えてNPCから離脱する。お金に余裕があるなら話しかけずに引き連れて肉壁にしても良い。

  • 地帯特殊効果
    • なし
  • 施設出現傾向
    • 減少:街(小さな店しか出現しない)
  • アイテム?出現傾向
    • 増加:宝箱・ミミック
  • 出現する敵
    • 初期出現:地帯自体が400km程度まで出ない
    • 中盤追加:ドラゴン・牛頭の巨人・竜人の戦士・殺し屋ウルフ・キラーハウンド・呪鬼・魔女
    • 終盤追加:牛頭の重戦士・ゴールデンゴーレム
    • 保護動物:なし

次元回廊

次元クエストで次元回廊を開いた場合に進入可能なラストダンジョン的な地形。
この地形での背景では赤、黄、青と三色存在し、赤色の場合は上下が狭まるので注意。
ボスは魔王から次元の支配者と移行し、敵を召還する分、闇に飲ませるときに若干厄介になる。

出現する敵はトラやブラックドラゴン、シャドウ、ラーヴァゴーレムなど今までの厄介な敵の詰め合わせ。
単に火力だけでなく、斧や生命探知など十分に対抗手段を得てから次元突入するべき。
固有の魂系は異常に目がよく出現と同時に補足してくる。森などで見えにくい場合が多いので見逃さずにしっかり対処すること。
ダンジョンも多く強い敵も漏れ出しやすい。ここまでに十分なレベルか、アイテム・スキルによる対抗手段を確立しよう。

尚、次元回廊突入後も草原や山岳なども出現する。多少グラフィックは変わるものの出てくる敵は変わらない。

  • 地帯特殊効果
    • なし
  • 施設出現傾向
    • 増加:ダンジョン
  • アイテム出現傾向
    • なし。レア装備・アイテムが出る可能性が上がる
  • 出現する敵
    • 初期出現:地帯自体が最速でも800km程度まで出ない
    • 中盤追加:地帯自体が最速でも800km程度まで出ない
    • 終盤追加:野犬・トラ・闇の尖兵・死霊の騎士・ブラックドラゴン・トラ・ナイトメア・呪鬼・屍術士・召喚術士・混沌術士・かがやく魂・毒々しい魂・燃えさかる魂・シャドウ・ゴーレム・ラーヴァゴーレム・ゴールデンゴーレム
    • 保護動物:ペガサス

地形効果

名称 効果
回避+10%
雪原 元気度の減少が速い
砂地 敏捷-20%? マニアモード時00分に1ターン停止
スタミナ自然減少
水中 命中-10% 回避+20%
水泳Lv.に応じた進入コストが必要
初期5ターン。最終的に水泳Lv4で1ターンで移動可能
回避+20%
LIFEとSTの自然回復不能
登山Lv.に応じた進入コストが必要
初期10ターン。最終的に登山Lv6で2ターン
高い山 回避+20%
LIFEとSTの自然回復不能
登山Lv.に応じた進入コストが必要
初期15ターン。最終的に登山Lv6で9ターン
浮遊なしでの滞在コストは元気度-5%登山Lvでの変化なし
溶岩 浮遊なしで進入・滞在すると999ポイントのダメージ
(崖下) 歩行キャラ進入不可 浮遊なしで進入・滞在すると
2000ポイントのダメージ
魔法の橋 命中回避+30% 道具:魔法の橋使用地形
片道勇者非公式WIKI+地帯・地形+より転載。一部追記。

  • 最終更新:2016-01-12 21:50:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード